×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オフショアとは何のこと?

オフショア(Offshore)は、タックスヘイブン(Tax Haven)とも呼ばれていて、世界各地に作られている
租税回避地域のことです。
オフショアのことを、無税の国や地域と思われている方も一部でいらしゃる用ですが、実際には、法人税や所得税が
最高で25%以下である国や地域をいいます。
基本的にはあなたの国と比べて税率の低い国や地域を指します。
オフショアの特徴はなんといっても税金が安いということです。もう一つは、銀行の秘密厳守ということです。
しかし、日本いて、ネットでオフショアにFX口座を開いて利益を上げても、残念ながら総合課税で最高税率50%
課税されてしまいます。
しかし、居住地を海外に移した場合は、オフショアでの投資を申告する義務も税金を支払う義務もなくなります。
海外在住者であっても日本の所得に対しては課税対象となってしまうため、日本のFX口座での投資は不利になります。

オフショアでFX

FXでなぜ何億も稼いでいるお金持ちが税金を払えないかご存知ですか?
それは、利益を出した年の税金を支払うのは翌年3月15日だからです。
要するに、次の年の3月15日に(最高税率50%)利益の半分手元に残っていないからです。
例えば、1年で1億儲かっても次の年の3月15日までに6000千万負けては、1000万円借金
しなければ払えません。
そこでオフショアが出てくるのですが、オフショア国にネットでFX口座を開いて、海外に居住している年は高い税金から解放されます。
また、オフショアにおいては、各種行政規制などが必要最小限に抑えられ、日本には存在しないような金融商品などが沢山有り、
そのサービスも豊富です。
日本のfxに対する税金の整備はまだまだ整っているとはいえません。せめて、分離課税の一律20%ぐらいになるまで
オフショアでFXというのも選択肢の一つかと思います。
個人的に、この先も日本がいろいろな面で安全とはいえません。安全策として考えても良いと思います。

オフショアファンド

オフショアは、ヘッジファンドの視点から租税回避地域で設定されるケースが多いことから、オフショアファンドとも呼ばれます。
オフショアファンドの特長は、所得に対して、税率が著しく低いか、税金が全くかからないため、
ファンド資産に少額の課税で(または課税されることなく)複利で運用できる。
金融取引に関する規制が少ないのと、その国や地域の法律により、顧客の機密が高い水準で保護されている。
実際に海外投資へネットでアクセスする場合は、きちっと調べた上で商品を選び、信頼できる担当者から証券会社を窓口にした
購入が安全です。
またオフショアは問題点もあります。それは、マネーロンダリングやテロ、戦争といったことの影響などです。
オフショアファンドも方法の一つとして、あなたに有利な点を活用して、利益を守りましょう。

Copyright © 2007 オフショアでFX